toggle
2018-06-26

雨の似合う花

梅雨の長雨は気がめいりますが、紫陽花が美しい季節でもあります。

地植えの紫陽花もしっかり水揚げをすれば、切り花として数週間楽しめます。

水揚げのコツは、茎の断面積を広く斜めにカットし、中の綿を出しミョウバンをつけ、深水につけます。

花全体を水に漬けておくとシャキッとします。

同じ株、同じ土で育つ紫陽花なのにひとつひとつ色が違うのが不思議です。

5月の深い青色から、だんだんと秋色になってきました。

 

 

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。