toggle
2018-06-19

Event Report   草月会館出展 (3月27~30日)

100の会にて、草月会館の玄関ホール「天国」にいける機会をいただきました。

「天国」は、彫刻家、イサムノグチの作品で、花と石と水の庭といわれています。テーマは「春の花」です。

春の花といえば華やかな色を連想しますが、与えられた場所が中央の、水の流れる清々しい場所でしたので、あえて色は使わず、

春の息吹、のびやかに成長する生命力のようなものを表現しました。

花材 アジサイ、スチールグラス、カラー、白樺、陶器(光松作)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

    関連記事はありません

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。